LeBlog

レブ郎が自由に書くブログです。

NBA選手の"カッコ良さ"

 

最もカッコ良い選手とは?

 

と聞かれ、あなたはどう答えますか?

ジョーダン?レブロン?カリー?カッコ良いという表現だけで、色々なカッコ良いが居ますよねぇ。

f:id:LBJ1107ryo:20180916033524j:image

 

例えばジョーダンはカリスマ性を感じずにはいられないルックスと、"空"にいる時のダンクモーション、カリーならベビーフェイスながら気迫溢れるプレイで相手を圧倒する姿、レブロンならスピードとパワーで相手をなぎ倒しながらリングへ向かう AND1 レイアップなんかが僕は好みですね(・ω・)

 

今回は様々な"カッコ良い選手"を僕が独断と偏見でランキング形式で話すだけの、LeBlogらしくない記事をどうぞ。

 

1.LeBron James

f:id:LBJ1107ryo:20180916024303j:image

レブ郎である以上、レブロンを1位にすることは必然的なことである。

パワー・スピード・スキルの全てを兼ね備えたSFで、ほぼ全てのポジションをこなせる万能性と、大黒柱ながらチームメイトを活かすことを常に考える史上有数の選手の1人である。

先程も書いたように僕が好むのは、レイアップを阻もうとホールドしてくる相手を貫きながらレイアップを沈める姿が好みだが、チームメイトの手元に寸分の狂いなくクロスパスを繰り出す姿も非常に見ていて惚れ惚れする。

僕の好みだけで言えばダントツの1位である。

 

2.Michael Jordan

f:id:LBJ1107ryo:20180916024505j:image

彼ほどカリスマ性が外見に現れている選手は中々いないのでは?と思うほど、その佇まいは荘厳。

ルーキーの頃はまだ青二才(上から目線で申し訳ないが)な雰囲気を醸し出しているが、年々カッコ良くなっていった印象が強い。

クラッチシュートを放つ瞬間の姿も輝かしいが、僕は彼の場合、その生き様や数々の名言にすごく惹かれるものがある。あまり知らないという方は1度検索して見て頂きたい。

きっと自分の人生に役立つような名言が綴られているはずだ。

 

3.Bill Russell

f:id:LBJ1107ryo:20180916025003j:image

チームプレイヤーとして利他的ながらMVPを受賞しまくり、歴史上最強の怪物スタッツを残しているチェンバレンに何度も立ちはだかった"真の怪物"。

人種差別とも戦いながら過ごしたキャリアもさながら、8連覇の中心人物ながらキャリア平均得点は20点を下回るという今後のNBAには現れなさそうな史上唯一の選手であり、チームスポーツであるバスケットボールにおいてこれほどチームを支え続けた選手に、僕はセンター好きとして惚れずにはいられなかった。

 

4.Stephen Curry

f:id:LBJ1107ryo:20180916033603j:image

いかにも現代風な3Pを中心としたプレイスタイルは新世代PGの先駆者と言える。

ルックスもさることながら、フローターやクロスオーバーなどの自由にボールを操る姿も常にクールでありながらスタイリッシュ。身体能力が低くてもスキルで補えるということを体現しているように感じる。

僕がカッコ良いと思えるのは単にルックスもあるが、PGとして司令塔ながら積極果敢に3Pを放つオリジナルのプレイスタイルで優勝に辿り着いたという選手としての生き様である。

決して僕が好まないプレイスタイルではあるが、僕自身カリーのような3Pを中心に据えた戦い方で優勝に導く選手が現れることは予期していなかったし、敬意を抱かされたというのが事実だ。

今ではKDがエースとなっているが、いつかまたGSWを背負ったエースとして戦う姿を僕は見たい。

 

5.Tim Duncan

f:id:LBJ1107ryo:20180916033822j:image

身体能力の低さ、華やかさとは無縁の渋いプレイスタイル、THEおじさんなルックスの三拍子を兼ね備えた市場稀に見るおじさんスター。目立ったシグネチャームーブは他の選手と違って特に無く、何が凄いのか聞かれると答えづらい気もする。が、玄人好みな渋さながらチームを長年支えたスーパースターであり、近年で最も渋いカッコ良さを持っていた選手と言える。僕個人的には渋さで言えば史上最も好みだ。

 

6.Chris Andersen

f:id:LBJ1107ryo:20180916034428g:image

史上最も"カラフル"な選手。

ルックスだけで言えば最も好みだったかも知れない。MIAに来たということもあり好きになった選手だが、味方が敵に煽られれば保護する用心棒と、容赦無く自分から突っかかるギャング的一面を兼ね備えたハイブリッド。MIAでは3KINGSと共に優勝を経験しており、ウェイドやレブロンのアシストを高確率で点に繋げてチームに大きく貢献した。

 

7.Nene

f:id:LBJ1107ryo:20180916035040j:image

個人的にドレッドヘアの選手が好みなこともあるが、ルックスだけが好みなわけではなく、プレイも含めた総合的好み順で言えば現役ではレブロンに次ぐ2位。

なのでどうしてもランクインさせておきたかった。笑

筋骨隆々なルックスに、いかにも旧世代PFな力強いポストプレーを武器に今ではHOUで優勝を争うメンバーの1人。

出来れば優勝してほしいが中々...

 

8.Kelly Oubre Jr

f:id:LBJ1107ryo:20180916035702j:image

現役屈指のイケメンではないだろうか。

ただそれだけで入れてみただけですが。笑

 

9.pat riley

f:id:LBJ1107ryo:20180916040140j:image

オールバックにスーツという絵に書いたようなカッコ良いおじさん。

GM界ではレジェンド的存在で、近年ではMIAで3KINGSを結成させ、その後の的確な補強で連覇へ導いたという大きな功績を残している。

フロント陣で言えば一番カッコ良いと僕は思う。

 

10.Luka Doncic

f:id:LBJ1107ryo:20180916040907j:image

系統で言えばケビン・ラブに近い立ち位置だろうか。白人の優しい系イケメンタイプという表現が正しいのかどうか微妙ではあるが。

新人の中でいえば僕的には最もカッコ良いルックスと言える。甘いマスクで魅力的ではあるが、今後プレイで人々を惹き付けてくれることを願い、ランキングの最後に締めくくり役としてランクイン。

 

 

いかがでしたか?

あなたが最もカッコ良いと思う選手は恐らく入っていないでしょうが(ビル・ラッセルやネネをランクインさせてる時点でそんなつもりは毛頭無いのだから)、様々な選手にカッコ良さがあり、着目点次第で1位もきっと変わるはず。プレイスタイル・ルックス・選手としての生き様etc...

好きな選手が増えれば、きっと観戦したくなるチームも増え、より深くNBAにのめり込めるはず。

 

逆に言えば、好きな選手のカッコ良さを広めて、その選手のファンを増やすことだって有り得ます。

(個人的には今の所レイカーズにおいてイングラムのカッコ良さが分からないので誰か教えて下さい)

 

プレイやスタッツばかりを気にしている方は、少し視点を変えてみるのも良いと思いますよ(・ω・)

 

f:id:LBJ1107ryo:20180916041815j:image