LeBlog

レブ郎が自由に書くブログです。

レブ郎presents 開幕直前号

いよいよ明日から開幕する、 NBA 2018-2019 SEASON。 ここではそんな新シーズンを迎えるにあたって、簡単にレブ郎なりの注目点をお届け。 ①Yuta Watanabeの今後 やはり日本人として、ここは外せないポイントであり、ここ数年で1番日本人がMENの試合を観るシ…

Los Angeles Lakers 2018-2019 season

こんにちは、レブ郎です。 いよいよプレシーズンも始まり、開幕が迫った2018-2019シーズン。 今年の注目チームは?と聞かれると今年は難しい。 レブ郎的にはやはりLAL。 LeBron Jamesが移籍した以上、 やはり応援してしまう。 が、今年は少し僕自身見方を変…

NBA選手の"カッコ良さ"

最もカッコ良い選手とは? と聞かれ、あなたはどう答えますか? ジョーダン?レブロン?カリー?カッコ良いという表現だけで、色々なカッコ良いが居ますよねぇ。 例えばジョーダンはカリスマ性を感じずにはいられないルックスと、"空"にいる時のダンクモーシ…

GOATについて語ってみる。

先日、NBAのレジェンドであるカリーム・アブドゥル=ジャバーが『GOATは存在しない』という持論を展開し、レブロンを含む多くの選手が賛同した。 GOATとは『Greatest Of All Time』の略で、スポーツにおいては史上最高の選手を指す意味で頻繁に使われる言葉…

歴代選手名鑑 #1

こんにちは、先日フォロワー3000人に達していたアカウントを誤って再起不可状態にしてしまい、1からやり直したレブ郎です。 それで改めて沢山の方にフォロー頂いたわけなんですが、NBA勉強中な方が多いなぁと感じたところから今回の記事を書く決意をするに至…

LeBronを振り返る会

こんにちは、ファイナルGame 4前夜に少しTwitterで事故を起こしたレブ郎です...(-ω-) 毎年LeBron在籍チームの総括をしようと思っていたんですが、今年はとりあえずLeBronだけを振り返ろうかなと... (キャブス全体の統括は後ほど...) 1.レギュラーシーズン総…

【号外】8年連続FINALS進出!

こんにちは、レブ郎です。 IND、TOR、BOSと破り結局今年もLeBronはファイナルへ上がってきましたね。 流石に今年は危機感を感じた... 今回はちょっとPOを振り返れたらと思い、号外記事にしました。 久々の記事更新なので、誤字脱字は勘弁願います.... という…

【緊急】ファイナルの連続進出は途絶えるのか?

どうも、LeBlog総合編集長兼管理人のレブ郎です。 全国でタイガーマスク運動が広がり、なでしこJAPANが初の世界一となり、スティーブ・ジョブズと金正日総書記が亡くなり、世界人口が70億を突破した2011年。 この年以来、LeBron Jamesは毎年NBA FINALSに進出…

1984-1985 SEASON

今でこそ数多くの国で放送され、NBAに在籍する選手も、アメリカ人選手が占める割合は10年前と比べても大幅に減少している。 だがそんなNBAも長らくアメリカのみで広まっていたスポーツの1つであり、白人のみがプレイしていた時代から黒人選手が大半を占める…

大型トレードを経て。

久々のLeBlogです。 今回はタイムリーな記事を。 タイトルを見ただけで何の事かお分かりでしょう。 Cavaliersのシーズン中盤の劇的な解体トレードです。 過去に大型補強の末に散々な結果でシーズンを終えたチームは幾度と無く見てきました。 特にLALのハワー…

8連覇列伝② "Red Auerbach"

前回のBill Russellに続く8連覇列伝第2弾の今回はレッド・アワーバック(以降Redと表記)。 RedはBoston Celticsをアメリカプロスポーツ界屈指の名門へと変貌させた中心人物である。 今回は8連覇という功績を裏で支えた Red Auerbachという偉大なる人物を葉…

【号外】CLEの現状

どーも、レブ郎です。 今夜は緊急投稿、次戦へ向けての記事。 いよいよRS最後のGSWとの対戦を迎えるCLEだが、前回対戦時にはアウェイで7点差で負けており、リベンジを賭けた戦いですね。 だが、私も含め他のCLEファンも『大敗しないか?』と頭をよぎることだ…

8連覇列伝① "Bill Russell"

世界最高峰のバスケ選手が集うNBA。 しかし当然ながら優勝出来るのは毎年30チームの中から1チームのみだ。NBAという夢の舞台に辿り着いても、優勝という目的を果たせぬまま去る選手は数え切れない。故に優勝したチームの選手のみが手にする優勝リングは非常…

NBAにまつわる小さな話

こんにちは、LeBlog総合責任者のレブ郎です。 さて、今回は暇な時間にふと思いつきで書こうと思い、書き始めた記事なので、収集がつかない可能性があります。笑 少しでも明日からのあなたのNBAライフに影響があれば... ※この記事の内容は一部レブ郎の記憶と…

Cavaliers 2017-2018 season

いよいよ新シーズンが開幕しますね。 今年のCLEはかつてないほどワクワクさせられるチームだと思っています。 メンバーがねぇ... 2011年頃のNBAを見ていた方なら分かるでしょう。 PGとしてトップレベルに辿り着き、最年少MVPに輝いたローズ。 SGとして現役最…

開幕直前SP!

NBAは2017-2018シーズンの幕が開けようとしている。 昨オフのKDのGSW移籍などスター選手の結集が優勝への必須事項になりつつあるNBA。 今オフでもスター選手の移籍が相次いだ。 BOSのヘイワード&アービング加入が1番の注目ポイントだろうが、メロ&ジョージ…

NBAとの馴れ初め

今回はレブ郎とNBAの出会いを少し書いてみます。 恐らくこれまでで最も面白くない記事ですが、気晴らしに。 フォロワーも増え、それなりに認知して頂けるようになった(と思い込んでいる)レブ郎ですが、NBAを見始めたのは2009-2010シーズンからです。わりと最…

"Mr.Basketball"

皆さんは"Mr.Basketball"と呼ばれる人物をご存知だろうか。 本名はGeorge Mikan。彼は他のスーパースターと違い『今の時代にいれば』という仮定には全くハマらない。ジャバーのスカイフックや、ティム・ハーダウェイのキラークロスオーバーのように固有のス…

コーヒー片手に是非。

今回はほんのちょこっとの気軽に読めるような、何でもないような話を少しずつ摘んで集めた記事です。 あなたが左手に持つそのコーヒーを飲み終える頃には記事も読み終えているはず(・ω・)/☕ ① Kevin Durant 近年急激にアンチを増やした彼は07年ドラフトにて2…

合併された幻の"ABA"

1967年、経営が上手くいき始めていたNBAはリーグ傘下のチーム数を10チームに増やし、ビル・ラッセル率いるBOSの1958年から始まった連覇は1966年に8連覇でようやく終わりを告げ、群雄割拠の時代を迎えようとしていた。 しかしNBAのチームを持たない都市の財…

"The Tidbits"

『The Tidbits』とは? Tidbitsとは簡単に訳すと「ちょっとしたこと」と言った感じの単語で、要は豆知識です。 今回はNBAのレジェンド達の豆知識を少し紹介するだけの、 あまりにも無益な記事ですよ(・ω・) 1.Shaquille O'neal ユーモア溢れる性格とは裏腹に…

【号外】優勝を求めるKD

2011-2012シーズン、Game1を制し優勝まであと3勝にまで迫ったKD。 しかしここから4連敗で優勝を逃してしまったのだ。 カンファレンスファイナルではSAS相手に最初の2戦を落とすもそこから怒涛の4連勝。その勢いをホームで見せつけたOKCだったが、試合毎にK…

Team History "GSW"

チームの歴史を紹介するLeBlogの新シリーズ第1弾は現在NBAの先頭に立つGSWです。最近NBAファンとなった方も、NBAならある程度知っているという方も、GSWを起源から現在までの流れを知ることで、また少し見る目が変わるのではないかと思います(^ ^) Golden St…

2003 NBA Draft

2003年6月26日 PM7:30 マディソンスクエアガーデンには夢の舞台に立つ機会を得た若者達が集まっていた。 今のNBAの顔ぶれと照らし合わせても錚々たるメンバーが集まっている03年ドラフト。 今回はその03年ドラフト組の中から私が独断と偏見でピックアップし…

"The Big O"

Triple Doubleという記録、これはNBA選手にとって1試合達成するだけでも素晴らしい功績とされている。 そのことを再度確認しておきたい。 Triple Double(以下TD)は1シーズンにリーグ合計で117回起こるなんてのは通常ありえないことである(117回とは今季のリ…

3KINGSの"影"

恐らくNBA観戦歴の浅い方でもご存知『3KINGS』と呼ばれ、スモールラインナップとパワーハウス形成の流れをNBAに持ち込んだ3人組。 1年目と最終年こそ優勝は叶わなかったものの毎年ファイナルに出場し続けていた彼らだが、レブロン・ボッシュ・ウェイドに注…

バスケの起源と最初の日本人

バスケットボールはジェームズ・ネイスミスが考案した、そんな程度でこの記事は終わりません。そこからもう少し掘り下げて、バスケットボールのルールが現在に至るまでの過程、なぜバスケットボールと呼ぶのか、そして日本人がバスケットボールというスポー…

LeBron James、NBAに入るまで。

初記事はやはりこのお方でないと。 LeBron "KING" James この選手の説明が必要とするような人は恐らく僕をTwitterでフォローしていないだろう。今回はそんなLeBronのNBA入りまでを軽く話しつつ、僕の意見を混ぜて語ろう。 1984年12月30日、決して裕福ではな…

I'm Back.

NBA

ということで、以前ブログ書いてましたレブ郎がこの度復帰しました。 以前と同じく『LeBlog』という名で書いていきたいと思います(・ω・) Twitterとは違い、レブ郎の意見や感想を存分に盛り込んで書いたり、少しプライベートを書いてみたりもしたいと思いま…